読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANA VISA ワイドゴールドカードで自転車保険

自転車保険

自転車保険の加入を義務付ける自治体が増えてきているようです。加入しなくても罰則などはないようですが、条例で義務化されている地域では条例違反となってしまいます。なのでそろそろ加入をしておこうと思います。


ANA VISA ワイドゴールドカードのカード会社である三井住友VISAカード
「ポケット保険」に加入します。


ポケット保険の個人賠償責任オプションで自転車事故の補償を受けることができます。


カード会社の保険なのでカードを持っている必要がありますが安く保険に入ることができます。

個人賠償責任

f:id:inoue1984:20161202115906p:plain
法律上の賠償責任の額および訴訟費用等から免責金額5,000円を差し引いた額が支払れるようです。

限度額

月額100円の場合1億円です。2億円だと月額110円、3億円だと月額120円です。この3つから選ぶことになります。差額は少ないので、3億円を選択しておくといいと思います。

自由設計コース

ポケット保険には様々なコースが用意されていますが、必要最低限なものだけ契約できる「自由設計コース」で契約します。個人賠償責任はオプションなので「基本トレイ」+「オプション」で申込む必要があります。「基本トレイ」の最安は「傷害入院のみ補償」の1日当たり500円です。月額保険料は本人のみだと40円です。

基本トレイが傷害入院のみ1日当たり500円補償+オプション個人賠償責任の限度額3億円で契約します。

これで月額160円で自転車の保険に入ることができます。
inoue1984.hatenablog.com




自動車保険、火災保険、傷害保険などの保険をかけているのであれば、付帯して自転車事故も補償できる場合があります。まだ付帯していなくても、安く付けられるかも知れませんので調べてみるといいと思います。