読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽天でふるさと納税します

少し前にテレビでふるさと納税について特集しているのを見ました。お得なのは知っていましたが、確定申告などがよくわからないため、実施していませんでした。しかし、確定申告をしなくてもふるさと納税できるようになっていたそうです。ワンストップ特例制度といいます。


控除額も増加していてお得になっています。なのでふるさと納税をしてみようと思い調べてまとめて見ます。

ふるさと納税とは

全国の自治体に寄附金を送ることで税金の控除が受けられます。自己負担は年間総額で実質2,000円に抑えることができます。


寄附先は現在住んでいる自治体以外ならどの自治体でも可能です。複数の自治体に寄附することも可能です。


寄付先の自治体からお礼の品としていろんな物がもらえます。このお礼の品を目的として寄付をする人が増えてきているのです。


実質2000円でそれ以上のものがもらえるのでかなりお得です。

控除額

税金の控除額は年収や家族構成などにより異なってきます。支払っている住民税の約2割が控除の上限の目安となります。
event.rakuten.co.jp
こういったサイトでシミュレーションして確認してみましょう。


確定申告をした場合、所得税から還付、住民税から控除されます。ワンストップ特例制度の場合は住民税からの控除のみです。

ワンストップ特例制度

五つの自治体までへのふるさと納税では確定申告が不要となりました。回数ではなく自治体の数です。


もともと確定申告する必要がない人の場合、申請書とともにマイナンバー通知カードと運転免許証のコピーを寄付先の自治体に郵送することで翌年の住民税から控除をうけられるようになります。必要な書類は一例です。

楽天市場ふるさと納税

普段から楽天市場をよく利用しているので楽天ふるさと納税します。楽天ふるさと納税の場合、通常の買い物と同じようにポイントがもらえるのでお得です。


各種キャンペーンも通常の買い物が対象であれば適応されます。金額によっては自己負担額2000円を越えるポイントがもらえ、実質無料になることもあります。さらにポイントで支払うことも出来るので期間限定ポイントを消費することが出来ます。


デメリットとして対象の自治体が少ないことです。なので楽天ふるさと納税で寄付したい自治体がみつかれば楽天ふるさと納税することをオススメします。
event.rakuten.co.jp

ピーチポイント

航空会社のPeachのポイントがもらえる自治体があります。もらえるポイントは寄付金の半額です。ほぼ無料で飛行機に乗ることができるのですが有効期限がポイント発行日から起算して180日間です。Peachで行ける場所に半年以内に行くのであればお得です。